野田市学校図書館こみゅ
 

子どもの学び応援サイト

部科学省

子供のまなび応援サイト

子供の読書キャンペーン~きみの一冊をさがそう~
このコーナーではスポーツ庁長官、文化庁長官をはじめとした方々のおすすめする本や、読書関係団体等の取組などをご紹介します。
チコちゃんVer.Myスポーツメニューブック(スポーツ庁)
おうちの中で、手軽にできる!ながらでできる!?
スポーツメニューを紹介します。
スポーツ庁女性スポーツキャンペーンオリジナルダンス
(※YouTubeのページが別ウィンドウで開きます)
オリジナルダンス「Like a Parade」(ライク・ア・パレード)~学校で!職場で!ひとりでも?!楽しく体を動かそう~チコちゃんと一緒にレッツダンス!


 

カウンタ

COUNTER24331

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で読み取ってご覧ください
 

☆9月☆

 ☆9月☆3・4年生におすすの本
 とんぼの空 
 津島節子/作 学研プラス
 ゆうたは、お父さんが大好き。
 でも、大好きだったお父さんは、病気でなくなった。
 かなしみから立ち直れないゆうたは、
 ある日、ねこといっしょに森でふしぎな男の子に出会う。
 その子とは?
 そして、お父さんがのこしてくれたものとは?
 わたしのもみじ
 岩間史朗/写真・文 ポプラ社
 ある日、カメラマンの岩間(いわま)さんが
 一本の大きなもみじの木と出会いました。
 そのあまりの美しさに、言葉が見つからないほどでした。
 岩間さんは、10年間もみじの写真をとりつづけました。
 春夏秋冬、うつりかわるもみじのの木の姿(すがた)を・・・
    
*書名をクリックすると「カーリル」のページが開きます。
中学年おすすめの本2020.9 ①.pdf
中学年おすすめの本2020.9 ②.pdf
 

☆7月☆

 ☆7月☆3・4年生におすすの本
 「ざしきわらし一郎太の修学旅行」
 柏葉 幸子/作 あかね書房
 資(もと)は、家出をして、東京にいるたんしんふにんのお父さんの所へ行くとちゅうだった。
 気づくと荷物にすわりこんだ資(もと)のとなりに泣いている男の子がいる。
 ざしきわらしの一郎太だった。
 資(もと)を「あにさん」とよび二人の旅が始まった。
 ところが、ふしぎな力をもつ一郎太は、ゆうかいされてしまう。
 つづきは、本を読んでください。 
    
*書名をクリックすると「カーリル」のページが開きます。
 中学年おすすめ本202007①.pdf
 

☆6月☆

 ☆6月☆3・4年生におすすの本
   「かみなり雲がでたぞ」
 最上一平/著 新日本出版社
 いさむの家は、外のビニールハウスで「かいこ」をかっている。
 暑かったり、雨がふったり、風がふいたり、お世話が大変です。
 「雨をよぶ龍(りゅう)」
 秋山とも子/著 童心社
 雨がふらない日がつづくと、田んぼや畑(はたけ)の作物

(さくもつ)が枯(か)れてしまいます。

そこで、ある地域(ちいき)では「雨ごい」をするようになり

ました。

「雨ごい」とは、雨がふるようにと神様(かみさま)に

お願(ねが)いすることです。

雨ごいのために、竹と麦わらで作られた巨大(きょだい)な

龍(長さ36メートル、おもさ3000キロ)を

300人もの人々がかつぎ、町をねりあるく様子(ようす)が

生き生きと描(えが)かれている絵本です。

   
*書名をクリックすると「カーリル」のページが開きます。
 中学年おすすめの本2020.6①.pdf
 中学年おすすめの本2020.6②.pdf
 

☆5月☆

 ☆5月☆3・4年生におすすの本
 「くまうちの日までに」 岸武雄/作 金の星社
 おれが十五の春、山小屋の近くで、くまとばったり会った。
  あいにくとおれは、まるごし。
 たかし、こんな場合、おまえやったらどうするえ?
 なに、逃げる? なに、木へのぼる?なに、死んだまねをする?

 「ミリ子は負けない」 寺村輝夫/著 金の星社
 4 年 1 組に転校した小さな女の子みち子は、大声で活発、豆台風みたい。
 たちまちミリ子とあだ名がつく。走るのは、ずばぬけて早いが、水泳はにがて。
 それなのに水泳大会に出場。
  
*書名をクリックすると「カーリル」のページが開きます。
 中学年おすすめ本.pdf
 

☆4月☆

☆4月☆3・4年生におすすの本
「ルドルフとイッパイアッテナ」斉藤洋/著 講談社
「ぼくはルドルフだ。そっちは?」
「おれか?おれの名前は、いっぱいあってな」
のらネコたちの友情(ゆうじょう)と成長(せいちょう)のものがたり。

「少女ポリアンナ」エレナ・ポーター/著 学研プラス
父母をなくしたポリアンナは、きむずかしいおばさんにひきとられ、あたらしいせいかつになれないことがいっぱい。
でも、ポリアンナはどんなときも「しあわせなこと」をさがします。あなたもポリアンナといっしょに「しあわせゲーム」をしてみませんか?
*書名をクリックすると「カーリル」のページが開きます。
  3.4年生におすすめ本①.pdf